忍者ブログ
  • 2017.10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 2017.12
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/11/19 22:52 】 |
'12年夏ポケセン東日本巡り4~宿泊地でプチ事件
からの続き。

浜松町駅に行くには京浜東北線か山手線に乗ればおkという話だが…
山手線は外回り内回りがよーわからんので、京浜東北線を使おう。(
色分けされてるのはありがたい。
京浜東北線の青表示に注意しながらてくてく。


でも時刻表を見て、結局山手線外回りを使うことに(
眠気が生じる中必死で浜松町駅を下りた直後を撮影。


浜松町駅ではポケセンの宣伝がいっぱい!

ポケセン猛プッシュは嬉しい限りである。


こんな深夜にポケセンあいてるわけないので、素直に宿泊地に行きましょう。
印刷した地図を頼りにてくてくと。てくてくてく。

おお、あれが東京タワーか!
(...実は撮影したとき東京タワーに気付いてなかったなんて言えない)


夜の浜松町って、夜の高知市に雰囲気が似ている気がする。
通りの雰囲気以外に、お酒の街という意味でも(

そして迷うこともなく宿泊地に到着。
しかしそこで、あってはならないトラブル発生。。

フロントでしかるべき手続きをしたのち、部屋のカードを渡される。
(カードを部屋のドアの所定の位置にかざすとドアが開く仕組みね)
書かれてある部屋のセンサーにカードをかざすも、エラー音が鳴る。。
カードの感度が鈍いのかと思い、向きを変えたりいろいろ試すも、空しく繰り返されるエラー音
と、次の瞬間、部屋の中から「なにしよるん?」と声が聞こえる…一瞬何が起きたかわからなかった。
これは、まさかまさかのダブルブッキング…?!
急いでフロントに戻り、指定された部屋番号に人がいるらしいことを申告。
フロントの人が慌てて調べる。かなり焦っているのがわかった…。
その結果、部屋番号を隣のものと書き間違えていたらしい。。
というわけで、どうにか本当の宿泊部屋に到着、ようやくリラックスできたー
それにしても…心臓に悪いわ。。。

最後に波乱が待っていたが、1日目、終了。。

5に続く
PR
【2013/05/15 13:42 】 | 未選択 | 有り難いご意見(0)
<<初の沖縄旅行05~首里城訪問後編 | ホーム | 初の沖縄旅行04~首里城訪問前編>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














<<前ページ | ホーム | 次ページ>>