忍者ブログ
  • 2018.10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 2018.12
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2018/11/15 07:03 】 |
H26・愛光入試結果。
H26(2014年)の愛光中の入試結果が公表になった。

※table内のカッコは前年度。

 
松山会場

東京会場

大阪会場

福岡会場
国語平均点76.9(72.6)80.1(75.7)83.4(77.4)78.0(74.3)
算数平均点57.7(66.7)69.0(82.9)86.9(98.2)75.8(80.6)
理科平均点60.6(49.3)64.1(54.5)66.8(57.2)64.8(53.8)
社会平均点62.8(62.2)66.6(67.9)67.1(67.7)66.7(68.6)
国語最高点112104110100
算数最高点120120120120
理科最高点78808078
社会最高点80808077
合格最低点県内250
県外251
288
前記事通り、算数は昨年より難化、理科は昨年よりかなり易化したと言えるだろう。
にもかかわらず、この大阪会場の算数平均点の高さはすごい!
さて、愛光中の出題陣は、松山会場とそれ以外の会場、特に大阪会場とのあまりの平均点差に、難易度のバランスに頭を抱えているのではないだろうか…。
特に算数と理科については、易しくすると大阪会場では差がつかず、かといって難しくすると松山会場では差がつかず、になるからね…。
いっそのこと、松山会場とそれ以外で問題を変えてしまうのもひとつの手ではある。(実際にそのような手段を使ってる学校もある)

それでは、前記事の予想が当たってるのか確認しよう…。

・算数
>難易度は、昨年よりは難しい。2年前の再来か。松山会場の平均点は60点を下回るだろう。
これはどうにか的中。てか、これは誰にでも予想できたよね(

・理科
>松山会場の平均点は、H22以来の60点越えと予想。
これも的中っ 正直、理科のこれが当たったのは嬉しい。

※お断り※
「愛光入試予想問題」は、実物の愛光問題と勘違いされた方が多かったようなので、2014年1月14日23時59分をもって削除しました。ご了承ください。m(__)m
PR
【2014/01/14 01:22 】 | 中学入試-四国内 | 有り難いご意見(2)
<<入試感想~灘・H26 | ホーム | 入試感想~愛光・H26>>
有り難いご意見
分析参考になりました
インターエデュの愛光板にブログが紹介されてました。前受で愛光を受けて不合格だった方の親御さんなどが、「どんな問題だったのか」気になって見に来られてるんだと思います。
(貴ブログの問題解説は素晴らしいと思います!)
【2014/01/15 12:54】| | AIKO #2f8b835286 [ 編集 ]


無題
まだ当方の入試分析は未熟だと思ってます。これからもっと研ぎ澄ませていかないと…。

昨晩、愛光板を確認いたしました。
今年も関西圏では番狂わせが起こったようで…。

愛光入試の関西圏での番狂わせが多い原因は、県外会場の合格最低点の高さはもちろん、関西圏の算数との傾向の違い(文章題が多く図形が少ない)もあると思います。
しかしそもそも入試番狂わせはどのような状況でも起こり得るものですから、本命校でない限り、合否に一喜一憂せず気持ちを切り替えて入試に臨んでほしいですね。
【2014/01/16 09:44】| | C-D #8d40a83169 [ 編集 ]


貴重なご意見の投稿














<<前ページ | ホーム | 次ページ>>