忍者ブログ
  • 2017.08
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 2017.10
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/09/23 05:30 】 |
入試感想~H28土佐塾中算数
H28(2016年)土佐塾中算数(県内前期)の感想を書いてみましょう。





















★算数…150点(試験時間70分)
[1]小問集合
今年の小問集合は2枚目の右上まで続く。
(1)計算 (2)逆算
 ここは石にかじりついてでも正解必須。
(3)分数計算
 1/2+1/3+1/6=1を知っていれば楽だが、分母を120に通分してもそれほど複雑にはならない。
(4)倍数算
 次郎君が一定の超典型的倍数算。
(5)多角形の角度
 正六角形に対角線を引いた図形で、正解必須。
(6)濃度算
 食塩水の混合だが、面積図を書くまでもない問題。
(7)相当算
 割合が2段階で登場しているが、その中でももっとも単純なタイプ。
 性別と大人子供の分類だから集合算の設定にもできるが、そうすると正解者が激減する?
(8)通過算
 速さが分かっているので単純計算できる。
(9)規則性
 1,2,2,3,3,3,4,4,4,4,5,…と並ぶ数列に関する問題。
 67番目を問われているから、全部書いてでも正解したい。
(10)角柱
 角柱の辺の数から面の数を問う。
 中学生の問題集であれば超典型題だが、中学入試ではなかなか(いい意味で)意表を突く問題である。
(11)植木算
 桜の木の間にまた桜の木を植える問題。
 間の数と木の数の関係の本質が分かっていないと混乱するだろう。
(12)日暦算
 典型的な日暦算だが、意外と間違える人が多かっただろう。
 日暦算と時計算は、基本問題であっても正解率は低めにでるから、出題者にとっては狙いどころといえる。
(13)倍数
 2を足すと7でも5でも割り切れることに気付けば簡単だが、最も小さい数を問われているので、調べてでも正解したい。
(14)面積
 正方形と2つの円を組み合わせた図形の面積を求める。
 正方形の対角線の長さが4cmであることに気付けたかどうかがすべて。
(15)論理
 各位の和が20になる整数を書き並べていく問題。
 難問ではないが、答えに自信が持ちにくいだろう。

[2]旅人算
 グラフを見て解く旅人算。
 立ち止まったり速さを変えたりしない極めて単純な設定なので、グラフを読み取って正解したい。

[3]比or仕事算
 2人が3色の千羽鶴を折る問題。
 問題が長文なため、どの条件を使って解くのかを見極める力が必要。
 特に(1)(2)は見極めできれば一瞬で解ける。(3)は求めるべき値を1つ1つ丁寧に求めていこう。

[4]相似・点の移動
 正方形内の四角形を点が1周するときの面積を考察。
 (2)は砂時計型相似2組で解こうとするとちょっと面倒くさいので、MNを延長して3:4:5の直角三角形のピラミッド型相似に持っていった方が楽か。
 (3)の点の移動でも3:4:5の直角三角形が活躍するが、(2)の正解率が低いと思われるので、ここの正解率はより一層低いか。

今年は[1]の小問集合が比較的難易度順に並んでおり(1枚目は易しく2枚目が重め)、難問は見当たらなかったため、日頃の成果が出やすい試験だったと思う。
[1]の小問集合をなるだけ多く正解し、[2]~[4]の大問は前半の小問だけでも確実におさえておく、という流れが土佐塾中算数の必勝パターンだ。
ただし、年によっては[1]の小問集合は難易度順に並んでいなかったり、意外と手ごわい問題が配置されていることもあるので、注意を要する。
PR
【2016/03/01 12:05 】 | 中学入試-四国内 | 有り難いご意見(0)
<<入試感想~H28土佐塾中理科 | ホーム | 入試感想~H28高知学芸中理科>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














<<前ページ | ホーム | 次ページ>>